風来記

侍モドキとバイクの放浪旅を綴ってます。

花見

325

 

「外は歯ごたえがあるぐらいパリッ、中はジューシー…! しかしその汁は肉のみにあらず! 野菜も旨いこと調理されている~。」

IMG_7970.jpg

せっかく宇都宮に来たのだ。曜日ごとにいろいろな餃子店の餃子が食べられる、宇都宮餃子『来らっせ』へ来店し、本日2度目の栃木グルメを堪能していた。もう栃木に思い残すことはない。

「江戸村から来たの?」なんて店長に言われたりしながら、会計を済ませ店を出る。

本職ですと答えといた。

 

 

店舗があったドン・キホーテ地下から出ると、もう空は暗い。先述したとおり宇都宮はそこまで都市化されていない印象なので、街の明かりは心もとなかった。

 

さっさとバイクに戻って、テント張ろう。

と来た道を引き返していると、大げさに朱く塗られた欄干が目に入った。

こんなとこあったっけか?手をかけて、下を通っている用水路を覗いてみると。

 

IMG_7981_2020032521265001b.jpg

驚いた。街並みの片隅に、日本庭園。

 

振り返ってみれば、そこには。

IMG_7990.jpg

IMG_7984.jpg

まだ満開ではないものの、ようやく見れたといった感じか。

淡く咲き乱れた花弁たちが眼前に頭を垂らし、幾重もの薄桃色のカーテンを形作っていた。

正直、一本二本が開花しているのは道中で見てきたため、今年初めて桜を見たわけではないのだが。

やはり、桜を見るならこうでなくては。

 

付近にはご丁寧に東屋が建てられており、母子が軽食を摂りながら桜を眺めていた。

まだ小学生ほどであろう男児が、「きれいだね」と母に話しかけている。

やはり栃木県民は風流だ。贅沢なひと時をくれてありがとう。

 

親子に悪いのであまり長くは居られなかったが、この旅初めての花見。堪能した。

IMG_7996.jpg

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する