風来記

侍モドキとバイクの放浪旅を綴ってます。

雲の上の

324

 

 

IMG_7738.jpg

鹿島神宮。

天照大御神の命により、見事国獲りを成就した武甕槌神大神(タケミカヅチノオオカミ)を祀っている神宮で、皇室、藤原氏、源頼朝や徳川家も祈願をしたという超有名スポットだ。

 

 

IMG_7749.jpg

IMG_7756.jpg

境内にはスギやヒノキ、サカキやモミといった樹木が乱立しており、社殿が重要文化財なのはもちろん、そういった樹叢も天然記念物に指定されている。

見上げるほどの樹木は、いずれもどこか、そこらの山野を散歩しただけでは見られないような。それこそ、神の息がかかったような形状をしている。

 

 

IMG_7782.jpg

武甕槌神大神は最強格の武神であり、鹿島神宮といえば伝説的な剣豪・塚原卜伝が参籠をした場所として有名で、武を志す私にとってもありがたい場所ではあるのだが。

 

 

「…なんか、よそよそしいな。」

写真もなんかこう、パッとしたのが撮れないし。

なんというのだろうか。あまりにも自分の手の届かない範疇の伝説が多すぎて、この身に取り込もうという気が起きない。早い話親近感が湧かない。

 

もしかしたら、私はこういった格式高い場所とは相性が悪いのかもしれない。

神頼みをする際も、下手に有名な神社に行かず、家に近い場所に行くのがいいというしね。

ありがたい場所なのはわかる。すごい場所なのもわかる。美しいことも。

ただ、だからといって、それが万人の信ずべき至高だとか正義だとか、そんなことを想う必要はないのだ。

自分に合う神様に手を合わせればいい。日本には八百万の神がいるっていうんだから。

 

IMG_7808.jpg

まぁしかし、国宝の直刀をリスペクトした『平成の大直刀』はなかなかグッとくるものがあった。

巫女さんに頼んで、閉鎖中のところを拝見させていただいた甲斐がある。

 

 

 

QUHR5822.jpg

土浦宅への帰路は、妙に幻想的な空がずっと見守ってくれた。

まるで茨城が、別れを惜しんでくれているかのようである。

 

ありがとう茨城よ、海あり山あり橋あり神宮あり、実に楽しませてもらった。不人気県ワースト1位とか、気にするな。屋根の下でネットばかり見てる奴らに、言わせておけ。

 

 

 

今夜は、親戚の夫妻が教師であるお孫さんたちを呼んで、また料理などを振舞ってくれるらしい。

どんな話を聞けるのだろうか。楽しみだ。

人と会って、何時間も話して。胃袋も、心も満たせた、暖かな茨城の旅であった。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する