風来記

侍モドキとバイクの放浪旅を綴ってます。

風化

319

 

フラワーパークからの帰路、気になる神社があるので寄ってみた。

IMG_7623.jpg

八龍神社。カッコよい名前の神社が、交差点のすぐそばに鎮座している。

 

IMG_7613.jpg

一歩踏み出せばそのまま引き込まれてしまいそうな、荘厳な樹木のトンネルが信号機のすぐそばにあるというギャップ。たまらん。

 

 

IMG_7619.jpg

社殿の中は、仄暗い。とくに看板があるわけでもないので、歴史も何もわからない。

しかし、その何も語らぬ、見せぬ姿勢がかえって神々しく思える。

 

 

鳥居の前に停めておいたバイクに戻ってくると、「でっかいバイクだねぇ」と褒めてくださるおばあさまと出会った。せっかくなので神社について聞いてみたが、やはり何を祀っているとか、詳しいことはわからないとのこと。

「夏になるとね、この神社でお祭りするんだよ。八龍会の人たちが、神輿をかつぐんだよ。子どもも担ぐんだぁ。」

と聞く限り、由来はわからないが神社は地元民たちに大事にされているらしい。

だが。

「ただ、子供神輿は去年で辞めちったんだよ。子どもの数が少なくってさぁ。

 大人は東京に出て行っちまうし、若い子も子ども作んないでしょ。」

耳が痛い。

「小学校もね、1、2…3小まであるんだよ。ほら、神社の奥にも見えるあれ、学校なんだよ。」

指の先には、たしかに立派な校舎が建っていた。

立派…なのだが、あの中にはいる生徒は今、数えるほどしかいないのだろう。


「もう、学校もなくなっちまうわなぁ。」

ばあさんは決して悲し気に語ってはいなかったが。それでもその後ろ姿を、この交差点を見ていると。切に思ってしまう。

 

IMG_7624.jpg

ここもいつか…この神社もいつか……そうなるんだろうな。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する