風来記

侍モドキとバイクの放浪旅を綴ってます。

春は目の前

319

 

 

「今の時期だとなぁ…。」

「そうですよね、どこ行ってもどの花も見ごろじゃなくって…。」

なんて会話も数度目。飽きてきたな…と思うあたりで、改めて気付いた。

この旅、まだ一度も花らしい花を見てない。桜は見たけども。

 

まぁ、季節は私のバイクより早く巡るのだ。待っていればいずれ出逢えるだろうと思ってはいるのだが。

 

IMG_7607.jpg

あえて来てみた。無理くり花を探しに。

こういう専門的な場なら、季節外れでも花が用意されているのではと思ったのだ。

 

のだが。

IMG_7523.jpg

………。

そうですよね、やはり季節の移ろいには抗えませんよね。いや抗える術もあるだろうけど、花を愛でる場でそういう暴挙はしませんよね…。

 

 

だが、パーク内の山を巡る散策路はなかなか歩き甲斐があった。

IMG_7589.jpg

IMG_7558.jpg

花こそないものの、深緑を纏った高木に囲まれて歩くのは気持ちいい。葉桜となった河津桜も、高台からの眺めを爽やかに彩っている。

最近、シジミン宅で世話になりっぱなしだったから、こうした散策が懐かしく感じる。

 

IMG_7582.jpg

IMG_7573.jpg

てっぺんからは、筑波山や今来たひたちなかからの道が眺められる。そのひたちなか方面に見える、切り立った山はなんなのだろうか。

 

 

 

軽く森林浴もできたし、花のすべり台なるアトラクションも楽しめた。結果的には来てよかったと反芻する。

それに、僅かではあるが花もあるにはあった。

IMG_7534.jpg

IMG_7567.jpg

ちっこいやつらが、先んじて咲き乱れている。大きな花弁たちも、蕾を覗かせている。

春は、もう目の前なのだ。

 

 

IMG_7634.jpg

そう考えてみると、無色であるこの世界も。その裏に色彩豊かな世界が潜んでいると考えると。割と楽しめる状況なのかもしれない、と思った。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する