風来記

侍モドキとバイクの放浪旅を綴ってます。

最南端へ ―③佐多岬―

IMG_3574.jpg

 

 

前回より

 

WNSU9339.jpg

大隅半島のまさにが近づくにつれ、龍飛岬を思い出すガラリとした風景が多くなってくる。

国道269は佐多の町で終わり、そこからは県道68が最南端までの道を引き継ぐ。

そこからさらにひた走り、県道566へ分岐すると。

 

BEVV4409.jpg

「なんだよこの木々は…。ジャングルじゃん……沖縄からまた、ジャングルじゃん……。」

南国風の木々をくぐって進む。まぁ、ここも全国的に見れば南国だしな…。

舗装路こそちゃんと見えるが手入れは半端で、生命力豊かな木々が路肩から多数飛び出している。頭を下げながら走ったのは初めてだ。

 

CZDI3753.jpg

こんなツルが伸びた木々や、車一台しか通れないトンネルがあるんですよ? これは今までとは違った最果て具合である。

 

 

そんなこんなで不安を抱きながら、佐多岬到着!

IMG_3467_20201018201458c7a.jpg

ここには宗谷岬や神崎鼻のように立派なモニュメントはないが、あの突端に見える灯台がその代わりと言えるだろう。

 

灯台までは行けないものの手前の展望台までは行けるので、バックパックを背負い歩き出す。

…最北端では雨に降られ、最西端ではカメラを落とし…と本土四極では失敗続きなので、慎重に進む。

 

IMG_3478.jpg

その道のりは長そうだ…くっ。

 

 

IMG_3499.jpg

ここは本当に今までの四極とは異なった豪勢なつくりで、一帯に遊歩道が設けられて公園を形作っている。

雄川の滝での疲労も溜まっているのか、足を若干引き摺りながら歩を進める。

 

IMG_3528.jpg

20分後、到着。

こんなギャラリーまであるのか…ほんと、恵まれた端っこである。

 



足の悲鳴を押しのけながら、展望台への階段を上る。上って、そして

IMG_3507.jpg

本土四極、いつものガッツポーズを決めてやった。

 

 

曇りだが、海はキレイなグラデーションを浮かべている。最果て特有の強風が、汗を吹き飛ばしてくれた。

ついに、ついにここまできたんだなぁ……。

道のりが妙に寂しげだったのもあり、達成感がハンパない。

 

 

IMG_3465.jpg

最東端は、また次の旅で行きます!

 

道を戻り、ロケットⅢにまたがってその場を後にする。今日の目標、完遂だ…!

あーあ今日も昼飯食いそびれたわ。

 

 

 

帰りもまた、うねる道をいなすのに神経を使ってそれどころじゃなかったが。

IMG_3577.jpg

最北端から最南端までたどり着いた。その実感をひしひしと感じ絶叫を上げたのは、これまた他にはないゲートをくぐった時のことだった。

 

 

 

 

ここからは、本当に、真の意味で北上の一途となる。

―――長かった。

最北端からここまで、どのぐらいかかった? 4ヶ月ぐらいか?

今日の道も強烈だったが、思えば今までも色んな強烈を味わって来たなぁ…。

いろは坂、龍飛岬までの道のり、男鹿半島の崖っぷち、生月の爆風ロード……。

怖い怖いと泣きながらもそちらへ進んでしまうのは、その先にある景色が雄大だからなのもあるが、何より無事戻ってきた時の達成感がハンパないからであろう。

子供みたいな発想だが、倒した!って気分になるのだ。強敵を倒し、成長したってひしひしと実感できるのだ。

 

 

IMG_3584.jpg

根占のゴールドビーチからは、ちょうど開聞岳に夕陽が落ちる様子が見られるらしいが。

今日はちょっと、気を張りすぎた。垂水まで戻って、またそこにテントを張ろう。

 

殺伐とした寂しい空間から、人の気配が満ちる場所へ戻った時の安堵感。

これもまた、最果てを望む中毒成分を分泌させる一つなのだろうなぁ。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する