風来記

侍モドキとバイクの放浪旅を綴ってます。

世界変われど変わらぬ性根

前回より

 

IMG_1759.jpg

ほえー、南の島は道の駅もおっしゃれなんですねぇ…。

 

IMG_1760_202010132332050a2.jpg

ソーキそばでもゴーヤでもなく道の駅ぎのざの特製ハンバーガーを平らげ、今後の予定を練る。

もう14時半。日が暮れるのは早くなった季節だけど…。このペースなら、一周できるか?

できないとしても、首里城ぐらいは見ておきたい。

北半分の原稿は後回しにして、ロケットⅢに飛び乗った。

 

 

ILAY7660.jpg

「おおー、長崎みたい…。」

沖縄市が近づくにつれ、住宅地が増えていく。そして沖縄市に入れば、

 

JCPX1961.jpg

もう、そこは本州でも見られる光景だった。

いや、本州より難儀かも。狭いぶん、渋滞が酷すぎる…。沖縄県民の運転も、どこか自由奔放だし…。

おまけに工事が多いのかトラックが何台も連なって走り、排気ガスに咳が出る。北方面の爽やかさはどこへやら。

 

 

 

IMG_1767.jpg

信号を越えるたびに信号に引っかかるという嫌なパターンにハマり、首里城公園へたどり着いたのは16時半だった。

聞けばチケットは17時までしか売っていないのだという。あぶねー…。

 

 

 

ここが、首里城のあった場所だ。

IMG_1791_20201013233147f4a.jpg

「うわぁ…、本当に何もないじゃん。」

てっきり少しは焼け残りがあるのかと思ったが、それも撤去されてしまったのだろう。

跡形もなく。そんな言葉がよく似合ってしまい、胸にズンと悲しさが降り立った。

 

IMG_1804.jpg

それでも城壁は残っており、見晴らし台まで上ることはできた。

 

IMG_1822_20201013233315538.jpg

…ダメだ、見渡すと余計になんだかツラい………。

 

目をそらし、北西を見る。

IMG_1823.jpg

一周するとなれば、あっちに進むことになるけれど。

流石に本部は…見えねぇよなぁ。

 

 

首里城を下り、地図を開く。

沖縄はやっぱりそこそこ大きい。朝の道の駅に戻る頃には、余裕で日が暮れていそうだ。

仕方ない、どこか近くで野宿地を………

指が止まった。

 

本当に後悔しないのはどっちだろう?

あとでカッコよかったと思い返せるのは、どっちだろう?

 

 

「…やってみるかぁ!」

なに、青森では映画を観た後、22時にテントを張ったことだってあったじゃあないか。

覚悟をしてしまえば、あとは楽しんでしまえばいい。

インカムを再起動させ、テンションを上げ始めた。

 

 

IMG_1871.jpg

それでも「よう」とばかりに顔を出す夕陽を見ると、どうしても気が焦いてしまうのだが。

日没までに、どこまでいけるだろう?

 

 

~~

FCSQ9609.jpg

首里城公園から北上したら、なんだか一周した気分にならないので。国道507で、一気に南下する。

街の渋滞を抜け出たころには、もうマジックアワーに等しい明るさだった。ヤバイヤバイ。

 

 

IMG_1878.jpg

「うおーーーーひめゆりの塔!…塔!?

戦火を戦ったご先祖方、夜のドライブを無事完遂できますように。と、手早く手を合わせる。

最南端であろう荒崎にも行ってみたかったが、国道から遠すぎて恐いので止めとく。

 

 

IMG_1882.jpg

まだ明るい、まだ明るいぞぉおおおお!

と思い込むのもつかの間、すぐに空は黒く染められていった。

 

だが、

HNLM8596.jpg

おお、これはこれで良い景色だぞ。

流石にGoproでは夜景に処理が追い付いていないが、街灯のイルミネーション、車のライトの光の波…。悪くない光景だった。

 

AGRN5237.jpg

「うおーーーっ俺、飛行機と並走してるーーー!」

 

 

 

JKYF1797.jpg

なんだあの光の群れはーーーー!

ラスベガスか、マイアミか!?(錯乱中)

 

IMG_1887.jpg

首里城周辺はなんだか質素な街並みだったけど、これが那覇の真の姿だったか。

思えば、私が夜はあまり走らないと勝手に習慣づけているだけで、夜にツーリングしても全然いいのだ。

“1日かけて沖縄を一周する

それは、もしかしたら沖縄の昼の顔も夜の顔も楽める、ということだったのかもしれない。

なるほど、そういうことだったのかアカさん(友人のハンネ)…! 勝手に前向きにとらえておいた。

 

 

事故渋滞のせいもあり、もう辺りは完全に真っ暗。

西郷さんの前から続いた国道58に入ると、しだいに街の灯りはなくなっていき。

BQMX9253.jpg

おそらく軍事基地が並ぶエリアに入ると、街灯だけが道を照らし。

 

ILRL8648.jpg

更に進むと、ヘッドライトとバックライトだけが頼りの世界になる。

沖縄のバイパスには、街灯がない。

ただ不思議と悪い気はしなかった。

おかげで星がよく見えるし、道もそこそこなカーブが続いていて面白いのだ。ロケットⅢの調子も良い。

 

ひたすら3気筒の音を聴いていると、やがて海の向こうに本部と思われる半島が見えてきて。

GORD7352.jpg

大宜味に入り、真っ暗な海岸沿いを進んで。

 

 

 

2044分。出発から約12時間後。

 

IMG_1895.jpg

「だあああーーー腰いてーーーーーーーー!!!

バカだ、バカである。

二日かけて走れば、青い海を見ながらもっと走れたものを。せっかく来た沖縄だったものを。

本当にバカだ。

 

IMG_0661.png

だがバカなりに、バカな目標を達成できた。だから笑顔である。

北海道でもそうだったが、私は忙しない旅人なのだ。その性根はたとえ南国であれど曲げられない。

旅はいつでも、自分らしく。さればこその意味ある旅。

ああ、こいつは良い思い出になるなぁ…!

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する