風来記

侍モドキとバイクの放浪旅を綴ってます。

幕間休憩

IMG_0866_202010101209417d1.jpg

 

「珍しく良い景色だな…。」

 

109

不知火海を一望できる、安宿にしては結構なロケーションだ。

台風の影響かはたまたこの海の特徴か、風がゴウゴウと海上を吹き渡り波を動かしている。それがぶち当たるこの部屋は、少々揺れているとさえ感じた。

 

「晩飯買いにがてら、ちょっと散歩してみるかな。」

 

IMG_0820.jpg

国道3号線を、コンビニへ向けて1㎞ほど歩いてみる。

片側1車線。渋滞こそ起きないが、交通量は多い。主要道路は内陸の方にあるのだろうか。

この人らは何をして暮らしているんだろう。街を見てみないとわかんないな。

 

IMG_0822.jpg

気になる階段。

でも今日はいいや。

 

IMG_0844.jpg

「宮地獄神社…」

地獄なのか………。

 

IMG_0835.jpg

公園の奥にも神社

 

IMG_0836_20201010120938e06.jpg

この家は…、公園を突っ切らないと入れないのか……。

 

IMG_0832.jpg

米ノ津交番。看板には鶴が描かれている。ここは渡来地らしい。

検問所って書いてあるけど、この木門はその時使うのかな。

 

 

 

歩いてみれば、次から次へと気になるが飛び出てくる。それを確かめるのも置いておくのも、その人次第。

散歩なんてのは、どこだって同じようなもんなんだなぁ。

それが今日は、家の近くからはるか南の果ての地に移っただけだ。スケールアップした散歩、それが旅っていうものなのかもしれない。

IMG_0842.jpg

「もう鹿児島か……。」

 

 

IMG_5521.png

思えば、遠くまで来たもんだ。

北海道の最北端から、海を見て山を見て、気になるを色々見て、ああそうなのかと納得して。

復路がまだ残っている県もあるが、鹿児島29県目だ。そろそろ折り返しを過ぎたころだろう。

 

IMG_0800_20201010120907804.jpg

「ここまで来て完遂できませんでした!なんてなったら面白いんだけどな…。」

そうはならんのだろうな。

 

明後日の晩には、沖縄行きのフェリ―に乗る。どんな景色が見られるんだろうか、楽しみだ。

楽しみだ。

旅の疲弊は確実に表れてきているが、ただとにかく、楽しみながらいければと思う。

楽しければ、基本並大抵のことはなんとかなる。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する