風来記

侍モドキとバイクの放浪旅を綴ってます。

世界の見方

~前回より~

 

 

「ゼリーフライはね、あれは『銭フライ』から来てるのよ。銭みたいな形してるでしょ? 昔、足袋を作ってた時代に、女工さんが作ってたんじゃないかな。」

マジで、銭→ゼリーだったの!? というか、そんな昔からあったの?

 

足袋蔵の場所を尋ねに入った『行田市商工センター』で、私はご老人…というにはまだハキハキとしゃべる、しかし老人の集まりと名乗る方々と話し込んでいた。

 

IMG_6349.jpg

(撮影:ソプラノ歌手・諏訪桃子氏)

趣味で絵を描く方々の集まり、『錦陽会』のメンバー方。金曜日に活用するからきんようかいらしい。

左から、私と同じく『夢想神伝流』居合道を習っていた清水さん。私。美術家協会の偉い先生!という小林さん。絵を描き始めて2年で美事な絵を描く東嶋さん。鹿児島から稚内までを、自転車を使い50日で走破したという嶋田さん。

 

今日は年に一度の絵画展示、最終日とのことだ。それを見物していた珍妙な恰好の私に声をかけてくれ、それからコーヒーをご馳走になり話し込む流れとなったのである。

 

「日本でも珍しい足袋蔵がたくさんあるとおり、昔々は足袋づくりの街だったでしょ。それが廃れたあとは、スリッパを作ってたの。でも、それも輸入品の並みに押されちゃってね…。」

東嶋さんが、行田の歴史について折に触れ語ってくれた。

 

IMG_6352.jpg

今は十万石の店舗となっている、国の登録有形文化財・築100年を超える蔵

 

IMG_6356.jpg

戦前の石蔵で、現在も商品倉庫として使用されている『小川源右衛門蔵』

 

IMG_6358.jpg

元足袋原料商店の店舗併用住宅、数年後店舗兼在宅、旅館、バーと用途が変わっていった『笠原家在宅』

 

「それでも、私が引っ越してくる頃…40年前は、東京へ通勤するためのベッドタウンとして栄えてたのよ。地価が比較的安かったから。」

 

IMG_6370.jpg

登り窯で手焼きされた焼過レンガが積まれた、行田唯一のレンガ蔵『大澤蔵』

 

IMG_6377.jpg

『ほうらい足袋』の商標で知られた奥貫家の『奥貫蔵』。三代目の奥貫芳三郎は、『行田足袋研究会』の幹事を務めた功労者だそう

 

IMG_6382.jpg

『穂国足袋』の商標で知られた荒井八郎商店の足袋原料倉庫。現在は陶芸工房として再活用され、『行田窯』となっている

 

「それでも、今は浦和とか、あっちも安くなってきてるでしょ。だから、今の行田の産業とか、いいところって何でしょうって聞かれると困っちゃう。」

複数あった足袋蔵がさまざまな用途に転々とされているように、行田の町全体も転々とした境遇を送っているのだろう。いや、皆知らないだけで、それぞれの町がそれぞれの施策を凝らして、存続したり、無くなったりしているのだろう。そう思うとどこか、物悲しい。

 

~~

IMG_6351.jpg

「この絵はどのぐらいで仕上げたんですか?」

「うーん…わかんない。ノッてるときとノラないときがあるからさ。数年描き続けてるけど、作業時間は数か月ぐらいのはずだよ。」

と小林さん。なんでも油絵は筆を足したら乾くまで待たないといけないので、時間がかかるものらしい。

筆がのる、のらない時があるというのは、物書きと通ずるものがありシンパシーを抱く。…いやいや、私はここまで達筆じゃないから失礼か。

「ただ油絵はいろいろ付け足せるからさ。その蕾とか、落ちた花弁とか、あった方がいいなと思ってあとから足したんだ。」

ちなみに、この絵の場合は最初に実物を軽くスケッチして、あとは写真に収めてそれを描いたそう。実物を見てはじめにイメージを捉え、あとはひたすら写真を映し出していくということだ。

 

~~

「宮本武蔵が五輪書って書いてるでしょ。あれにも書いてある通り、武蔵も絵を描いていて。それがまた良い出来なのよね。だから私も、絵を始めてみたんだ。」

と語るのは清水さん。なんでも居合は腕の負担が大きく、筆を取るときに手が震えてしまうため、それを機に止めたそうだ。

いろいろな絵師に学んだのと同じく、いろいろな居合の先生に学んだとのことで。神奈川から高知まで、私の知らない(私が無知すぎるのだが)8段、9段道士の名前が次から次へと飛び出てきた。

「馬庭念流って知ってる? 農耕器具とかを使う武術でさ。今も群馬県に道場があるんだよ。」

「ほうほう…それは興味深いですね。覚えておきます。」

 

 

 

それから、野宿するなら八幡山古墳がいいんじゃないのとか。聖天宮じゃなくて、さきたま古墳に行ってほしいなーなんて話をしたりとか。

ほんとは東京の国立美術館の展示会にも出展する予定だったけど、コロナのせいで中止になったとか。コロナめ…。

いろいろな話をしていくうちに、時間は過ぎ去っていった。

 

 

 

最後に、東嶋さんの印象深い話を。

「私ね、絵を始めるようになって世界の見方が変わったの。絵を始めてから、この色は、この葉っぱのグラデーションはどうやって作るんだろうとか。観光地に行っても、どのアングルからなら良い絵を描けるのかとか、現地にいたカメラマンを参考にしたり。

 私はまだまだだけど、おっきい絵を描く人もいるのよ。それを運ぶためだけに、軽トラを買っちゃう人とかもね。だから、趣味の世界ってほんと面白い。いろーんな趣味があって、その分だけ世界の見方があるのよね。

 旅を続けていたら、いろんな趣味の人に会えるだろうから。いろんな世界を覗けて、楽しいんじゃないかしら。」

 

一人一人、その人その人の世界の見え方ある。

私が小林さんたちと全く同じ絵を描けないように、他人と同じ目線に立つことは決してできないのであろう。

しかしその世界を爛々と映す、目を見ることはできる。その人の言葉を聞くこともできる。

 

私の旅は、その幾つもの世界を記していくものなのかもしれない。そう、思った。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する