風来記

侍モドキとバイクの放浪旅を綴ってます。

オーバーフロー

小浜町は八百比丘尼伝説が残る土地であり、町には入定したという岩窟が残っていた。

IMG_2248.jpg

ここ小浜に流れ着いた人魚の肉を食べ、16(JK)の姿のまま八百年以上生きたという八百比丘尼。その長寿で諸方を旅し、人助けをしたのだという。

「そんなに長生きしなくてもいいですが、せめて旅をしたいと思ううちは健康でいさせてください。」

と手を合わせた。

 

 

その後1日、ジュゴンが食べているという甘藻でできた名湯に浸かって1日を過ごしたのだが、心中穏やかではなかった。

「あと1日、福井で何しよう。」

ここより西へ行ってしまえば、滋賀が遠くなる。かといって付近で見れるものはもう、熊川宿ぐらいしかない。寝る場所もその辺りは、ない…。

休憩所で見ていたテレビでは、安倍総理が勇退を宣言している。

俺はまだ退がれないが…。こういう時は憂鬱だわぁ。

 

829

とはいっても何かしなくては何も起きないので、熊川宿へ行ってみる。

ここは若狭で獲れた鯖などを運ぶ要地であったことから、鯖街道とも呼ばれている。

早速カメラを向け………。ん?

あ………。

IMG_2475.jpg

「片ボケ…。」

ついにやっちまったか。実はカメラを落っことすことが旅中で度々あり、昨晩もバイクから派手に落としてしまったのだが…。

レンズが歪んでしまったのか、右側のピンボケが酷い。

「マジかや…。」

 

一応、EIGHTHさんにも仕事として送っている写真だ。流石にピンボケのまま、今後旅を続ける気にはなれない。かといってずっと望遠でやりくりするのは無理がある。

とすると、買い替えしかない。

「はぁ………。」

項垂れながらも、amazonで彦根のコンビニに配送してもらう手続きを済ませる。

落ち込んでも、手は動かせ。立ち止まるな、立ち止まるなオレ…。

 

…と自己を鼓舞するが、ふと思い出してしまった。

「あ“ー………。そーいえば、そーいえばバイクもだったなぁ………。」

そういえば昨晩、オイル交換の依頼をしていた京都2りんかんから、パーツが足らず作業できそうにないと渋々言われてしまったことを思い出した。

トライアンフ京都はスケジュール埋まってるし…。大阪のトライアンフまで、行くしかないかぁ…?

 

エンジンオイルの交換は当たり前として、依然不調のアイドリングも気になる。そしてここ最近、ブレーキパッドも心配になってきた………。心配といえば、靴もいつまでもつか…。

そういえばここらには水を最安で買えるセブンがない、ファミマばっかりだ…。

どうする、もう滋賀に入っちゃうか? ああ、ガソリンも入れなきゃだな。しかしさっき見てきた限り、ここらのは高いぞ…。今晩の寝床は………。鯖食いたいなぁ…。

ダメだ、ここに来て考えることが多すぎる、まず一つずつ、優先すべきは……………

 

 

 

頭が、パンクした。

 

 

 

今日はもう、何も考えたくない………。

 

 

 

IMG_2494.jpg

サバを喰って。

 

IMG_2507.jpg

無心で県境を越え、琵琶湖を臨むと。

 

 

IMG_2534.jpg

 

しばらく、ぼーんやりと、それを。揺れる湖面を、ただ眺めていた。

ピチャリ、ピチャリという音が、脳に沁み込むように。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する