風来記

侍モドキとバイクの放浪旅を綴ってます。

疲労

IMG_1474.jpg

 

 

 

「いやぁ、素晴らしい。」

IMG_1392.jpg

充電禁止なる張り紙はよく見かけるが、充電できますとは。さすが極楽湯。この地にしかない温泉と迷ったが、やはり大手は違った。

しかも飯も安くてうまい。もうこれは、旅人の友だね、極楽湯は。

 

825

そんなこんなで浴場で1日過ごし、白山の道の駅で目を覚ます。

涼しい。山の方だからかな…。

劈掛拳の練習をしても、いつもほど汗が流れない。

練習を見かけてくださった仕事前のお兄さんにもう一回、見せてと言われても、苦にならなかった。

 

国道360号を、海方面へ。加賀何万石なんて言葉を思い出させる田園の中を、中学生たちが自転車にまたがって走っている。

「夏休みも、もうとっくに終わってんだよなぁ…。」

夏の終わりは、近いのかもしれない。

 

 

 

~~

IMG_1418.jpg

県道148143140と石川の海沿いを走っていき、福井県へ。

白山から勝山へ抜けていっても良かったが、やはり海を見ていたかった。

 

福井は…、今までの人生で、一度も訪れたことがない。

というか、ここから西はそういう県が多くなる。お得意の昔家族旅行で来た…という文句も、ほぼ使わなくなるだろう。

地図を開くと、近くに東尋坊なるよく聞く地名を見つけたので、行ってみることに。

IMG_1422.jpg

東尋坊を擁する三国。ひまわりを見ることができた。

夏が終わる前に、彼らを見れてよかった。

 

 

東尋坊と言えば自殺の名所だなんて聞かされていて、どんな殺風景な場所なんだろうと思ったらけっこう…というかかなり観光地化されていた。

IMG_1434.jpg

駐車場もあるが、どこも有料。二輪車は200円だったが、普通車500円は高いだろう。

自殺する人たちもあれかな、お金払うのかな。

 

駐車場のおじさんに「暑そうだね、歩くと暑いよ?」と声を掛けられる。

「慣れてますんで。」

店舗の中にいたおばちゃんに、「重たそうだねー、荷物置いてったら?」と声を掛けられる。

「慣れてますんで。」

商店街の通りで、おばちゃんに「今日あっついねー! 水一杯あげるよ! 待ってて!」と水を頂く。

「慣れてま…ありがとうございます。」

確かに、山から海へ出るとまだ終わっちゃいねぇといわんばかりの暑さが再沸してきたので水は助かるが。こう、商店街の人たちに気を遣われると、何か買わなければという心理が働いてしまうので困る。まぁ、それも慣れているから何も買わないんだが。

 

 

IMG_1444.jpg

東尋坊到着。

 

IMG_1461.jpg

うーん…。

 

IMG_1497.jpg

どう撮ればいいかわからんな。

 

1,2001,300万年前にできた火山岩が、日本海の波浪で侵食されできた岩々。ここまでの規模の柱状節理安山岩は日本でもここ一ヶ所だけで、世界でも他には朝鮮半島の金剛山、スカンジナビアはノルウェーの西海岸ぐらいだそう。

そう聞くとすごい場所なんだなとは思うが、ギザギザと海に突き出た岩場は陸からは絵にしづらく、なんとも苦慮してしまった。遊覧船に乗って、海から眺めればまた違うのだろうが。

 

IMG_1508.jpg

ちなみに東尋坊と聞くと人の名のように思えるがまさしくその通りで、永禄の時代に荒くれ者の悪僧兵を束ねていた東尋坊という暴僧が、ライバルの真柄覚念とここで酒盛りをした際、酔っぱらった隙を突かれて突き落とされてしまったんだそう。海は49日大荒れし、それからその名が付けられたんだとか。

 

「バカだねぇ~」なんて考えながら良いアングルを模索していると、ブーツ越しにジワジワと岩のでっぱりが主張してくる感じがする。

岐阜城でもあったな…。ブーツをひっくり返してみる。

IMG_1493.jpg

「うわぁ…さすがにそうなるか。」

踵の辺りは穴が空き、そうでないところももう溝なんて残ってないじゃないか。苦労してんなぁ俺とお前。

「こりゃもう、防水性は期待できんな。」

ま…、やれるとこまでやってみるさ。

 

 

IMG_1516.jpg

観光客があまりいない方へ移動してみる。すると、明らかに簡単に踏み入れられる断崖絶壁を発見した。

「もし実行するとしたら…、こういうとこが都合いいだろうな。」

そういえば観光客がひしめいている辺りも、潔いほど手すりなどが置いてなかった。あれでは、望んでいなくても自殺してしまう人が出そうである。

 

IMG_1520.jpg

先端まではいかなくとも、ちょっと覗いてみる。こええ。

ここに飛び込む勇気を、何故生きる方へ向けられなかったのか…なんてのは詭弁だな、決死の覚悟なんてまず大抵の人には理解できるものではない。

 

借金とか、失恋とか、なんかやらかしちゃったとか…。自業自得の人もいれば、限りなく理不尽に追い込められた人もいれば…。生きてりゃなんとかなるなんてこと、皆わかってたんだろうな。わかってたけど、そのなんとかするのが苦しすぎるほど辛かったから、そうなっちゃったんだろうな。

ふと、湯殿山で見た即身仏が脳裏をよぎる。

「でもやっぱり、生きてりゃなんかは残せたよ。」

あんたらを責めるつもりはない。俺は恵まれているだけかもしれないから。だから、あんたらも俺を妬まないでくれ。割とこうして、頑張ってんだから。

 

 

岩場から商店街の方へ上がっていくと、なんだか妙に息が上がる。ヒザも少し痛い。

靴もそうだが…。私自身、蓄積してるものがあるのか?

 

それとも…………。ま、そんときは共に旅を楽しめばいいさ。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する