風来記

侍モドキとバイクの放浪旅を綴ってます。

阿尾の青い海

IMG_9854.jpg

 

前回より

 

 

「あそこを目指す。」

IMG_9785.jpg

海岸の比美乃江公園・見晴らし台より、白い岩壁を擁する丘陵を見据える(写真真ん中あたり)。あそこに、城址があるはずだ。

北へと長く続く公園を、歩き出す。ジンと刺し込む暑さ。今日もまた、辛い行軍が待っている…。

 

IMG_9810.jpg

と思ったのだが、意外や意外。けっこう涼しかった。

というのも海の隣をひたすら歩くルートなので、日差しは熱いが、大海原の風がそれをあっという間に吹き飛ばしてしまうのだ。

 

IMG_9815.jpg

快走、いや快歩。

美しい青を眺めながら、笑顔で歩みを続けていく。

 

 

 

IMG_9835.jpg

だんだんと近くなってきた。

手前の2本の岩のレールは、どうやら住宅地の用水路を導くためのもののようである。

それを横目に過ぎ、少しだけ陸地に入り込むと。「阿尾」に入る。

 

「阿尾(あお)って読むんだ…。」

先刻までずっとあびだと思ってた。あお城ね。

 

IMG_9877.jpg

ほどなくして城址入り口に到着。坂はやや急峻。遠目から見てその高さからわかってはいたが、さすがにここは汗をかきそうだ…。

 

IMG_9883.jpg

けっこうな自然である。

阿尾城は富山湾に面した独立丘陵上の立地、伝本丸には櫓があったと考えられていることから、海上交通を監視していたと思われるらしい。

15731596年頃には菊池右衛門入道という人が入城し、織田信長配下の佐々成政という人に従ったらしい。だが成政と前田利家が対立すると、菊池は前田へと寝返って一万石を安堵されたんだとか。寝返りのお城ですか…。

 

IMG_9901.jpg

またここは城址であり神社でもあるらしく、その名を榊葉乎布神社という。

菊池家が西よりこちらに来住するにあたり、伊勢神宮に詣でてそこの榊樹をこちらに植栽したから、榊葉神明宮といわれたそう。


 IMG_9909.jpg

入り口付近こそ整備はされているみたいだが、社を追い越し、奥に進むにつれて手付かずが目に見える状態に。

 

IMG_9916.jpg

段々と細くなっていく石段を登りきると、伝本丸跡地だ。って、そう伝わってますって曖昧な意味なのかな…?

 

 

IMG_9919.jpg

と思いきや、まだ本丸跡じゃなかったっぽい。なんなんだ。

先には木々が遠慮なく伸びており、虫も跋扈している状態が見えているが…。ええい、ここまで来て引き下がれるか。

 

IMG_9927.jpg

すげぇ道。裏立石寺を思い出すな。あそこよりはマシだが。

両側が崖となった土橋状の道もあったが、立て札曰く城郭らしさを残す貴重な遺構のため、柵は設けていないとのこと。危ないわ。

 

IMG_9933.jpg

そんなこんなで嫌な道だったが、3分も進めば光が見えてくる。

何もない草だらけになった土地。今度こそ、本丸跡のようだ。この感じは白井城址を思い出すな。

 

IMG_9938.jpg

申し訳程度に設けられた物見台に上ってみても、もはや草木の背丈の方が高くて港は見渡せない。

だがここで、たしかに海を見下ろしてた侍たちがいたんだよな…。

 

IMG_9934.jpg

白井でも思ったが、こうして忘れ去られていく遺跡たちの、なんと寂しそうなことか。

人によって建てられ、人によって壊され、人によって残され。それでまた誰かが、観光にでも来るのならいいのだが。こういった場所は、もう、ほとんど誰も、来ないだろう。

残された石垣が、櫓が、道が、柵が手すりが電灯が。みーんな、寂しそうである。

 

俺は、とりあえず生きてる限りは、覚えとくからね。

 

 

 

 

 

 

~~

IMG_0040.jpg

「それにしても、青い海を持って(阿尾)あおとは、なーんていい名前なんじゃろうか!」

天気が良い日は、富山湾からは立山連峰が見れるとのことで。それが世界で最も美しい湾といわれる所以でもあるのだろうが…。結局、1回も見れなかったな。

 

だが、それでもいいや。私はこの、先の見えない、可能性を見せてくれる海が好きだから。

波打ち際に座り込んでいると、海鳥たちが颯爽と目の前をかすめていった。それらは城址を越え、海を超え、遠くへと滑ってゆく。








IMG_0054.jpg

それにしても氷見の道の駅のソフト、なっげーなぁ!

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する