風来記

侍モドキとバイクの放浪旅を綴ってます。

裏立石寺

前回より

 

 

日枝神社まで戻り、激励をもらった茶屋のおばさんのところで冷たい瓶コーラをいただく。

「おつかれさん。この後はどこ行くの?」

「垂水遺跡ってとこに行きたいんですけど…。」

と言うと、一瞬おばさんの動きが止まったように見えた。言っちゃいけない場所だったのか?

 

「ああ…、あそこはすごいところだよ。鳥居が傾いてて、石がポコポコへこんでて…。

 でも、道中はほんとの山道だよ? 寂しくない? この前も男の子のグループが行ったけど、猿に引っかかれたりして帰ってきてさぁ…。」

「まぁ、歩くのも寂しいのも慣れてるんで。大丈夫ですよ。どうやって行けます?」

猿は恐かったが。

 

『垂水遺跡』という名を見つけたのは、昨日のこと。グーグルマップで立石寺周辺を見ていたら、道路とは離れた位置にその名がポツンと刻まれていたのである。見た感じ道が通じている様子もないので、人に尋ねざるを得なかった。

おばさんによると、街道に戻ってもう少し川の上流へ歩くと『千手堂』なるお寺があるそうで、そこまで徒歩10分とのことだが。街道に戻らずとも行けるということで、もう一つ山肌沿いに行ける道を教えていただいた。

 

IMG_5780.jpg

案内された方面へ行くと、墓地に差し掛かる。

不安になったので管理の人に尋ねてみたら、

「こちらからも行けますよ。ただ……、かなり荒れた道ですが。」

 

 

IMG_5782.jpg

行き止まりに見えますが、そのすぐ右わきの道が進めます…

これか。

本当に獣道だな。

「………。」

覚悟を決め、足を下ろした。

 

 

IMG_5788.jpg

なるほど、確かにほぼ獣道だ。とはいえ時折歴史を語る看板が立てられており、それによればここは昔の主要な道だったとのこと。

 

IMG_5786.jpg

恐いが廃墟もあるし、その説明は嘘ではないのだろう。

この程度なら何とか迷わずに進めそうだ。

それにあのおばさんが知ってるぐらいだから、言っちゃなんだが若い俺なら大丈夫だろう。

 

IMG_5792.jpg

通り道がぬかるみ始めてきた。倒木も目立つ。

 

IMG_5794.jpg

小さいが、川の上を渡らされる。

 

IMG_5802.jpg

行き止まり? 道間違ったか?

 

IMG_5799.jpg

いや、続いてる。

 

 

…ヤバイ、笑っていられない道になってきた。

 

IMG_5807.jpg

修験場なる広場に、毘沙門天岩なる険しい岩がそびえたつ。その岩の脇…、写真の真ん中が道のようだが…。

 

 

IMG_5816.jpg

もはや、これは道なのかわからなくなってきた。たしかに踏み鳴らされた跡はあるが、その道幅はもはや30センチあるかないか。それでもたまに見える東北自然歩道 やまでら天台のみちなんて刻まれた柱が立っているのが見えるから、合っていると信じて進まざるを得ない。

 

大量の小バエとかが纏わりついてくる。普段なら簡単に躱されてしまうが、その量が多すぎて適当に手を振るだけでも叩き落とせるほど。

倒木を乗り越えたり、たまに道が崩れたりしながら。城岩七岩なる地帯を越えていくと、不思議と眼前を覆っていた小バエがいなくなって。音が聴こえなくなり、陽光が優しく降り注ぐ空間が見えてきた。

 

「あ…、着いた。」

それが見えたのは、獣道を進んでから約20分、奇しくも立石寺参拝と同じ時間だが、遥かに長く感じた後のこと。

IMG_5828.jpg

鍾乳洞のように、水のはたらきで生まれた奇岩怪岩が目の前に現れた。これだ、これが見たかったのだ。

えぐれた岩の中には文字が刻まれた石などが納められ、ここもまた立石寺と同じ修行の地、霊験あらたかな場であると実感させられる。

あちらと違うのは、恐ろしいほど静かだということ。先ほどまで大量にいた、観光客たちなど見る影もない。まさに真の静かさや…である。

 

ああこれだよ、これ。こういうのが俺の旅だよと充実感に浸っていると、静寂の中にパシャリ、パシャリという音が。

少し奥を見ると、誰かいるようである。

 

 

こんな山奥に…。

そういう仲間なら大歓迎である。一眼レフと三脚らしきものを抱えた若い男性に、思わず声をかけた。

「すごい場所ですね。」

「ええ。それに、すごい重装備ですね。」

「ああこれ、実はほとんど山登りに関係はないんですよ。」

「ええー…。」

聞くと彼は、おばさんが言っていた千手堂から正しい道を通ってきたようである。そのおかげで道はさほど険しくなく、比較的短時間で着いたようである…。

立石寺から山肌沿いに来たことを語ると、けっこう驚かれた。

 

 

IMG_5834.jpg

「どうやってここを知ったんです?」

「俺はグーグルマップでたまたま…。あなたは?」

「僕は周りの友人がここすごいと言っていたので。来てみたんです。ですがほんとに、こんなにすごい場所だとは…。」

彼…松本さんは神社などの文化遺産を3DCGで表現する活動をしているらしく、こうして色々な史跡などを巡っているのだという。多くて1,000枚以上の写真を以てCGに表すそうだが、

「ここはなんか…、CGにするなんて、おこがましい気がしちゃって…。今日は止めとこうかな、って思ってたんですよ。」

IMG_5839.jpg



なんか、すごすぎですよね。

すごいよね。

人がいなくて、いいですよね。

そうそう、それがいいですよね。

 

山奥の深緑の中、奇岩を前にして二人きり。

意気投合しながら話し込んでいると、大きなハチが飛んできてお互い頭を伏せた。

 

「…降りますか。」

「そうですね、もう少し、写真を撮ってから…。」

IMG_5841.jpg

撮影:松本氏

 

 

 

それから彼の案内で本当にラクに街道まで降りると、嬉しいことに車に乗せてもらってロケットⅢの元まで送っていただく。お互いの旅の安全を祈り、別れた。

IMG_5864.jpg

修験場から馬場跡を経由する、どうやら一番長い道を私は歩いてきたらしい。

 

 

 

「あら~行ってきたの! その荷物預かろうかって、よっぽど言おうと思ってたのに~~頑張ったねえ!」

せっかくだから、言って来た旨を茶屋のおばさんに知らせた。ご褒美とばかりに漬物のきゅうりをいただいたり、またコーラを買ったりして胸を落ち着ける。

「昔観光ガイドの講習で、あそこまで行くツアーがあったんだけどね、私用事があって行けなかったのよぉ。」

………えっ。

「おばさん、行ってなかったんですか?」

「うん、たまたま居た娘たちが同行して、あとでよかったよぉ~ってお話を聞いたの。」

 

…なるほど。

 

おかしいと思ったんだ。あんな道を、まだ若いとはいえおばさんが通るなんて。

じゃあ、私が行った道は、もしかしておばさんが言っていたのとは違う道だったのか? 看板に書かれてる道とはいえ、遺跡に辿り着いたのは奇跡に近かったのか??

 

答えはわからず終いで、なんだか狐につままれたような気分だったが。

ともかく、私らしい、一般大衆とは違った冒険ができた歓びを噛みしめて。コーラをグイッと飲み込んだ。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する